Hoarding Examples (英語例文等集積所)

いわゆる「学校英語」が、「生きた英語」の中に現れている実例を、淡々とクリップするよ

【ボキャビル】「自称〇〇」の表し方, neither A nor B, 挿入 (「ガンを治す」というMMSなるトンデモ医療)

↑↑↑ここ↑↑↑に表示されているハッシュタグ状の項目(カテゴリー名)をクリック/タップすると、その文法項目についての過去記事が一覧できます。

今回の実例は、トンデモ医療を「トンデモである」として注意を喚起する記事より。

日本で「トンデモ」と位置付けられる医療は、日本で発したものもあるだろうが、「欧米では」とか「海外では」とかいった触れ込みで日本に導入されるものも多い。例えばホメオパシー(先日、「ベルリンの壁のレメディ」についてガーディアンに「これ、何?」的な記事が出ていたが)は、「あの英国王室のお墨付き」みたいな触れ込みで、一時日本で盛んに喧伝されていた(今もされているかもしれないが、ホメオパシーは今から10年前、2009年に、ある助産師が乳児に必要なビタミンKの代わりにホメオパシーの「レメディ」を与え、乳児が死んでしまうというあまりにひどいことが起こってから、以前ほど目立たなくなっているように感じている)。

今回参照する記事で取り上げられているMMSこと「ミラクル・ミネラル・ソリューション(サプリメント)」も、日本語圏で「海外」もしくは「欧米」と呼びならわされる外国由来のトンデモだ。

 

記事はこちら: 

www.theguardian.com

 

f:id:nofrills:20190828022543j:plain

2019年8月16日、the Guardian

キャプチャ画像の最初の文: 

The self-proclaimedGenesis II Church of Health and Healing” – a group that in reality is neither a church nor a medical outfit – plans to lure supporters and unsuspecting individuals to a “seminar” at the Marienthal Country Inn in Eden, New York.

太字で示した self-proclaimed は「自称」の意味。他人から認められているとか、客観的に証明できるとかいったこととは関係なしに自称する場合に用いる。例えば、数年前の「イスラム国 (the Islamic State)」は自ら「国土」というか「領域」と称するものを有し、内部的な行政機構などを有した「自称・カリフ国」だったわけだが、そういうものについてself-proclamiedという語が用いられる*1

ISIL's self-proclaimed caliphate

https://en.wikipedia.org/wiki/Islamic_State_of_Iraq_and_the_Levant

今回の実例、'The self-proclaimedGenesis II Church of Health and Healing”' は、「自称『健康と癒しのジェネシス第二教会』 」、「『健康と癒しのジェネシス第二教会』を自称する集団」の意味。

 

続いて、ハイフンで挟んで《挿入》されている部分だが: 

– a group that in reality is neither a church nor a medical outfit –

ここで下線で示した《neither A nor B》は、前回、および前々回に見た通り、「AでもBでもない」の意味である。文意は「実際には、教会でもなければ医療機関でもない集団」。

 

つまり、この文の主語、'The self-proclaimed “Genesis II Church of Health and Healing” – a group that in reality is neither a church nor a medical outfit –' は「『健康と癒しのジェネシス第二教会』を自称するが、実際には、教会でもなければ医療機関でもない集団」という意味だ。

 

この集団、この記事で報告されているように、1人450ドル(カップルで800ドル)、つまりざっくりと5万円(カップルで9万円)取って、「ガンを治す奇跡の治療法」と称する「ミラクル・ミネラル・ソリューション(サプリメント)」ことMMSを飲ませるセミナーを開くという。このMMS、中身は亜塩素酸ナトリウムである。

これが「ガンを治す」というのがいかにトンデモであるかは、書こうとすると時間がかかってしょうがないので、記事全体をお読みいただきたい。以下、Twitterの貼り付けだけ。

 

 

 

英文法解説

英文法解説

 
徹底例解ロイヤル英文法 改訂新版

徹底例解ロイヤル英文法 改訂新版

 

 

*1:類義語として、self-styledという表現もある