Hoarding Examples (英語例文等集積所)

いわゆる「学校英語」が、「生きた英語」の中に現れている実例を、淡々とクリップするよ

時制(大過去の中の完了不定詞)(BBCは誰の何を「人種差別」だと言うのか)

↑↑↑ここ↑↑↑に表示されているハッシュタグ状の項目(カテゴリー名)をクリック/タップすると、その文法項目についての過去記事が一覧できます。

今回の実例は、英国の公共放送、BBCで現在持ち上がっている「騒動」の最新の展開に関するBBC Newsの記事から。

ナガ・マンチェッティ (Naga Munchetty) さんは、1975年生まれのジャーナリスト。ロンドンのアカデミー校*1を出てリーズ大学で英語を専攻し、ロンドンのイヴニング・スタンダード紙の金融・ビジネス欄でジャーナリストとしてのキャリアをスタートさせた。その後、いくつかの金融系映像メディアで実績を重ね、2008年にBBCのTV番組に加わり、現在は複数のBBCの番組でプレゼンターを務めている。その彼女が、2019年9月下旬、英国で「時の人」のような注目を集めた。

この7月、米国のドナルド・トランプ大統領が、自国で選挙されて議席を得た国会議員について「出身地に帰るべき」という発言を行った。この差別暴言の対象とされたのは、非白人の女性議員4人で、全員が民主党の所属だった。彼女たちはその後、この暴言にひるむことなどもちろんなく、冷静に対応し、特にSNSではますます大きな存在感を示すことになったのだが、トランプのこの暴言についてのBBCの番組*2でのナガ・マンチェッティの何ということはない発言が、2か月もしてから「問題」と認定されたのだ。

どういうことかというと: 

Speaking on BBC Breakfast on 17 July after Mr Trump's online remarks, Munchetty said: "Every time I have been told, as a woman of colour, to go back to where I came from, that was embedded in racism.

"Now I'm not accusing anyone of anything here, but you know what certain phrases mean."

https://www.bbc.com/news/entertainment-arts-49825570

つまり7月17日、トランプの「出身地に帰れ」というネットでの発言(ツイート)があったあとで、マンチェッティは「私も有色人種の女性ですから、出身地に帰れということを言われてきたわけですが、そういう発言はレイシズムに組み込まれていますよね。ここで誰かを追及しようということではないのですが、こういうふうに意味を持っている特定のフレーズというのはあるわけですし」(意訳)と述べた。

そのときの映像: 

 

これについて「トランプを人種差別主義者呼ばわりするとはなんということか」という内容の苦情がBBCに寄せられた……ところまでは想定の範囲内なのだが(トランプの「親衛隊」みたいなのは大西洋のどちら側にもいるので)、BBCのExecutive Complaints Unit [ECU] は、その「視聴者からの苦情」に対して、「貴重なご意見を賜りまして誠にありがとうございます」的に対処せず、「トランプ発言を人種差別主義と言うのが差別」的なスタンスに共感を示すかのように、「マンチェッティはBBCガイドラインに違反した (her comments went beyond what the guidelines allow for)」と判断した。

www.bbc.com

これが9月24日か25日のことで、瞬時に「ないわー」という反応が沸き起こった。TwitterではI Stand With Nagaというハッシュタグで人々のその反応が広く共有された。「レイシストレイシストと言うことの何がガイドライン違反なのか」という疑問が最も根幹的なものだが、BBCがこれまでガチもんのレイシスト(「トミー・ロビンソン」という活動家名を名乗るスティーヴン・ヤクスレイ・レノンなど)に発言の場を与え続けてきたことを思えば、「レイシストレイシストだと述べたらガイドライン違反」という判断に対して「ハァ?」という反応が出るのは当然のことだろう(むしろ、「あ、そうっすか……」という反応にならないだけ、まだ希望があるとも言えるのだが)。

 

さらに「問題」とされた発言が、番組プレゼンター2人の会話の中で出てきたものであり、「視聴者の苦情」はマンチェッティだけでなく番組プレゼンター2人に対するものだったことが明らかになると、BBCのExecutive Complaints Unitが「ガイドライン違反」と特定したのがマンチェッティだけで、つまり彼女からこの発言を引き出したもう一人の番組プレゼンター――ダン・ウォーカーというマンチェッティと同年代の白人男性――はおとがめなしとされたことの異様さも見えてきて、もうぐだぐだである。

※ガーディアンのこの記事フィードのリプライを見るといろいろ際立っていると思う。

 

しかも、この「騒動」の発端は、「苦情が殺到したので、BBCとしても対応しないわけにはいかなかった」といったことですらなかった。苦情は1件だけだったのだ。どこぞのトリエンナーレもびっくりである。しかもBBCは当初「ダン・ウォーカーに対する苦情はなかった。苦情はナガ・マンチェッティに対するものだけだった」という嘘までついていたのだ。

BBCは公共放送で、(BBC WorldはDVDや映像配信による収益で運営されているものの、英国内のBBCは)テレビ受像機を持っている人全員に課されるライセンス料(受信料)で運営されている。その放送局が、「有色人種は出身地に帰れ」という発言について「レイシズム」を指摘する発言はけしからん、という苦情1件に応じ、その発言の責任を選択的に1人にのみ負わせて「ガイドライン違反」と判断する、という事態は、何と言うか、最近の日本語圏で流行っているように見える表現を使うと「底が抜けている」ように見える。

 

ともあれ、そんなこんながあって、日付が9月30日から10月1日に変わるころには、BBCがマンチェッティについての「ガイドライン違反」との判断を覆した、という報道が出た。BBCかっこわる~。

www.bbc.com

今回実例として見るのは、この記事である。

 

f:id:nofrills:20191001111117j:plain

2019年10月1日、BBC News

スクリーンショットの5パラグラフ全体にわたって《時制》に注目するとよいのだが(基本となる時制は、"He told...", "Lord Hall said..." の過去)、特に目を引くのが3番目のパラグラフ: 

She had been found to have breached the BBC's guidelines over comments she made about a tweet from Donald Trump about four female politicians of colour.

《過去完了》 の文の中に、《完了不定詞》が入っている。

過去完了自体が「過去の1つ前」を言うために用いられるのだが、さらにその1つ前ということで完了不定詞が出てきているわけだ。

ここで基準となっている《過去》は、記事全体の基準となっている《過去》で、"Lord Hall said..." の時制、つまりマンチェッティに対する「ガイドライン違反」との判断を取り消すことにしたとホール卿が述べた時点である。

マンチェッティがガイドライン違反と判断されたのは、ホール卿のその発言の前に起きていたことだから、過去完了。

さらに、マンチェッティが(BBCの当時の結論では)ガイドライン違反をおかしていたのは、その判断の前に起きていたことだから、完了不定詞。

このようなメカニズムで、こういう文になっているわけである。

<hr />

さて、今日10月1日からはてなブログの規約が変更となりました。Amazonのリンクを貼ると「個人の営利利用」ということになってしまうらしいので(売り上げを目的にリンク貼ってるわけではないし、実際、このブログからの売り上げはほぼゼロなんだけど)、規約違反にならないようにいろいろ整えられるまでは、参考書のリンクはつけずにおくことにします。ご了承ください。

 

*1:日本でいえば「私立校」のようなものだが、英国でいう私立高、いわゆる「パブリック・スクール」とは違う、庶民の学校。詳細はhttps://en.wikipedia.org/wiki/Academy_(English_school)  を参照。

*2:BBC OneのBreakfast. 毎朝の情報番組である。