Hoarding Examples (英語例文等集積所)

いわゆる「学校英語」が、「生きた英語」の中に現れている実例を、淡々とクリップするよ

本日休載/Holocaust Memorial Dayに見たもの

↑↑↑ここ↑↑↑に表示されているハッシュタグ状の項目(カテゴリー名)をクリック/タップすると、その文法項目についての過去記事が一覧できます。

書きかけのものを書くなり、日本語圏の左派の間で好まれているフェイクニュースに対するカウンターの投稿(事実の指摘)をするなりすべきなのでしょうが、もう何もする気にならないので休みます。

昨日、1月27日はHolocaust Memorial Dayでした。下記のスレッドを読んでください。そして、もう忘れられていると思いますが、2021年の夏に東京で行われたスポーツのビッグイベントの開会式だか閉会式だか何かの式典の演出の人が、何十年も前にビデオ化されて一般に販売されたお笑いのライヴでやっていたネタが、なぜ看過されえないものであるのか、考えてみてください。

スレッド主のヒューゴ・リフキンドさんは英国のジャーナリストでコラムニスト。父親のマルコム氏は元外務大臣(保守党)。彼がこのスレッドで語っているのは、忘れることのできない、そして彼しか語る者のいないファミリー・ヒストリーです。つまり、写真の女性、 Sulamita Szapiroさんは、一族皆殺し、根絶やしにされています。

それが、ジェノサイドです。

そして、私のモニターでは、#HolocaustMemorialDayのハッシュタグが覆いつくす画面の中に、そのハッシュタグを持たないツイートも流れてきます。