Hoarding Examples (英語例文等集積所)

いわゆる「学校英語」が、「生きた英語」の中に現れている実例を、淡々とクリップするよ

仮定法過去(「もしも地球が平らなら」というネットミーム)

↑↑↑ここ↑↑↑に表示されているハッシュタグ状の項目(カテゴリー名)をクリック/タップすると、その文法項目についての過去記事が一覧できます。

今回は、連休中なので省力モード。「インターネット・ミーム」に出てくる英文法を見てみよう。

インターネット・ミーム」、または単に「ミーム meme」とは、「ネット上で人から人へと伝わって流行するおもしろネタ」のことで、特に画像のことを言う。日本語での解説はこちらがわかりやすいが、要するに「ネタ画像」だ。

その「ミーム」の画像は、ネット掲示板などで誰かがばかげたことを発言したときに、言葉を使わずに画像だけを貼り付ける、というような形で用いられることが多い。LINEのスタンプみたいなものとイメージするとわかりやすいかもしれないが、ミームの場合はコミュニケーションというより揶揄、煽りが目的の場合もあったりする。

その「ミーム」、ネット上では流行り廃りも激しいし、文化圏(クラスタ)が違えば通じないこともあり、英語圏には解説サイトもある。その代表的なものが、Know Your Memeだ。

knowyourmeme.com

 

 

さて、今回の実例はこのサイトでも解説されている下記のミームから。

f:id:nofrills:20190429041611j:plain

via https://knowyourmeme.com/photos/1323410-flat-earth-theory

 If the earth was flat, cats would have pushed everything off it by now. 

見ればわかるくらいはっきりした《仮定法》の文である。

If節は、たいへんスッキリした《仮定法過去》で、「もしも地球が平らならば」。

主節は《助動詞 + have + 過去分詞》の形なので《仮定法過去完了》(仮定法でなければ過去形で書かれている部分がこの形になる)のようにも見えるが、ここは、末尾のby nowからわかる通り、仮定法でなければ現在完了形。「今ごろは猫たちが、すべてのものを端っこから落としてしまっていることだろう」。

(笑)

資料映像でご確認いただきたい。

 

 

もちろん、実際には地球は平らではないが、世間は広いので、この現代社会で大真面目に「地球は平らである」と信じている人々がいて(そういった人々のことをflat-earthersと呼ぶ)、このミーム画像は、そういった人々の主張をおちょくるときに用いられるものだ。

あるいは猫を讃えるときに……。

 

追記: 

このエントリを書き上げて下書きで保存したあとに、BBCで次のような映像が出ていた。ここでは言及せずにいた「ミーム」とはそもそも何のことか(ネットではその概念が転用されている)というところから解説する、なかなかに刺激的な内容だ。連休中にどうぞ。

 

 

利己的な遺伝子 40周年記念版

利己的な遺伝子 40周年記念版

 
ミーム―心を操るウイルス

ミーム―心を操るウイルス

 
猫はこうして地球を征服した: 人の脳からインターネット、生態系まで

猫はこうして地球を征服した: 人の脳からインターネット、生態系まで

 
ユリイカ 2019年3月号 特集=岩合光昭 ―猫を撮るひと―

ユリイカ 2019年3月号 特集=岩合光昭 ―猫を撮るひと―

 
写真集「ねことじいちゃん」

写真集「ねことじいちゃん」

 
岩合光昭の世界ネコ歩き

岩合光昭の世界ネコ歩き