Hoarding Examples (英語例文等集積所)

いわゆる「学校英語」が、「生きた英語」の中に現れている実例を、淡々とクリップするよ

feel like ~, 現在完了進行形, 数字の書き方, 辞書に語義が載っていない表現, can't help but do ~, 強調構文, instead of -ing など(ポップスターのパーソナルな胸の内の吐露)

今回の実例は、ポップスターのSNSでの投稿から。

 

活動を停止している英国のボーイバンドOne Direction (1D) の一員であるルイ・トムリンソンは、現在は1Dの他のメンバーたちと同様にソロ歌手として曲をリリースしたり、自身の芸能界入りのきっかけとなったオーディション番組「Xファクター」の審査員を務めたりしている。

今年3月にTwo of Usという曲をリリースしたが、曲の良しあしとは別に売れているかどうかで判断すると、全英シングル・チャートで64位と、1Dでトップを極めた実績のある歌手としては、とても好調とは言えない。

 

この曲は2016年12月に43歳の若さで白血病のため他界したお母さんのことを歌ったもので、チャート順位という結果が出なかったことでルイ・トムリンソンはきっと、正直残念な思いをしたことだろう。しかもこの曲を出した数日後に、妹のフェリシティがわずか18歳で心臓発作で急逝してしまった。ショックを思えば当然のことながら、新曲リリース直後にもかかわらず彼のTwitterは止まってしまった(1か月ほど経過した4月17日にようやく「暖かいご支援のメッセージをありがとうございます。今日、スタジオに戻りました」とツイートしている)。

 

その彼が「胸の内にあるものを吐き出したくて」と4月22日に投稿したのは、長文のメッセージだった。

 

「みんな結果結果と言うばかりで、過程を楽しむということをしなくなっているということについて、最近、ある人が非常に興味深いことを言ってて、それで、自分にとって成功って何だろうなと改めて考えている今日この頃です」(意訳)と書き出されているこのツイートは、なかなかに重い内容だ。ポップスターとして頂点を極めた彼が、ソロ・アーティストとして当然と考えてきた「成功」のありかたを見直している、という。

 

以下、この文を実例として見ていこう。今回はいつもの「対訳」(逐語訳)ではなく「翻訳」のようなことをしているので、訳文から英語を見てもちょっとピンとこないところもあるかもしれないが、アーティストのメッセージを受け取っていただければと思う。

続きを読む

接続副詞however, neither A nor B, admit -ing, 関係代名詞, 分詞構文(スリランカの武装集団)

今回の実例は、2019年4月21日のイースター・サンデーの日にスリランカで起きた、あまりに残虐で非道な連続爆弾テロを実行したと考えられる集団についての解説記事から。

今回の連続テロは、イースターの日曜日(受難したキリストが復活した日)というキリスト教徒にとって宗教上最も大切な祝日に、カトリック教会を標的として起こされた。当日は、画面を見るたびに死者数が増えていくのを見ていて、まさに言葉を失うよりなかった。このような卑劣な暴力で人生を断ち切られた人々、人生が大きくゆがめられた人々や、大切な家族・友人・同僚・恩師・生徒を奪われた人々のことを思うと、圧倒的な悲しみに襲われる。亡くなった方々に哀悼の意を表し、負傷させられた方々のご回復と影響を受けたコミュニティの傷が癒える日が来ることを願うばかりである。

スリランカは10年前の2009年まで、何十年にもわたって内戦が続いていた。この内戦はシンハラ人の政府と、タミル人の武装勢力LTTE(「タミル・イーラム解放の虎」)との間のもので、大まかに、前者は仏教徒、後者はヒンズー教徒という構図だった。政府もLTTEも一切容赦というものがなく、内戦は熾烈なもので、内戦終結が宣言されるまでの最後の数か月だけで何万人という民間人(一般市民)が犠牲になっている。詳細はウィキペディアにもよくまとまっている

そのスリランカでは、イスラム教徒は全人口の10%にも満たないくらいのマイノリティであるが、その中にごく小規模な過激派集団があり、仏教寺院で建物の外にある仏像の顔を壊すなどの破壊活動を行なうなどしていた。そして今回の爆弾テロは、その過激派集団の中のさらに過激な分派*1が実行したとみられている。

しかし、その元の過激派集団ですら、ローカルな存在として国内の一定範囲では知られているかもしれないが、国外とのつながり(国際的なネットワーク)は特に持っていなかったと考えられてきた集団で、つまり国外ではほとんど知られていない。そしてその分派となればなおさら、ほとんど何も知られていない。

というわけで、テロ事件後、英語圏の国際メディアはだいたいどこも「聞いたことのない組織だが、こういう組織である」という解説記事を出すことになった。今回実例として見るのは、英BBC Newsのそういう記事である。

記事はこちら: 

www.bbc.com

*1:一般論として、「分派」というのは、元の組織がヌルいと感じた人々の集団で、元が過激派なら分派は超過激派ということになることが多い。

続きを読む

やや長い文、to不定詞の形容詞的用法、関係代名詞と前置詞、let + O + 動詞の原形(アースデイ)

今回の実例はTwitterから。

f:id:nofrills:20190423014641j:plain4月22日は「アースデイ (Earth Day)」で、Twitterでもハッシュタグの #EarthDay がTrendsのトップに入っていた(UKで見た場合)。

ハッシュタグで投稿されていたツイートの内容は、大半が「地球を大切にしよう」という趣旨の呼びかけに美しい自然の光景・風景の写真が添えられたふわっとした感じの環境保護主義のものだったが、中には環境問題について先進的な取り組みをしていることをアピールする企業のツイート(例えば2020年までに使い捨てのプラスチックやビニールを8割削減する方針を打ち出したエティハド航空のものなど)や、より強いメッセージを打ち出した環境保護団体のもの(例えば、BBCの自然番組の顔であるサー・デイヴィッド・アッテンボローのメッセージ・ビデオを添えたWWF UKのものなど)もあったし、アポロ計画で月面に降り立った米国の宇宙飛行士の1人、バズ・オルドリンさんは、月から見えた地球の写真をツイートしていた。

その中にあったのが、今日実例として見るツイートである。

 

続きを読む

「used to do ~」の熟語か、「used + to不定詞の副詞的用法」か(ベトナム戦争の負の遺産の後始末)

今回の実例は、米軍がベトナム戦争のときにベトナムの国土の上に使用した枯葉剤エージェント・オレンジ)に汚染された空港の後始末が、戦争が終わってから40年以上も経ってからようやく始まるという報道記事から。

 

記事はこちら: 

www.bbc.com

続きを読む

ask + 〈人〉 + to do ~, as + 形容詞 + (不定冠詞 +) 名詞 + as possible, let + O + 動詞の原形(使役)(再掲)

※この記事は、2019年1月にこのブログを開設したころにまとめて投稿したいくつかの記事のひとつである。開設時の記事はほとんど閲覧されていないので、重要事項の実例として改めて見ておいていただきたく、ここにコピーして再掲しておこう。

****************

今日も、Brexitに関するニュース記事からの実例。「Brexitを推進せよ」と訴える集会の現場からの報告だ。

このような「実況」系の文章では、報道では、過去に起きたことであっても現在形で書くのが通例となっている。現在形によって臨場感が出るわけだ。ちなみに、戯曲(演劇の台本)のト書き*1も現在形で書くのがお約束である。

www.theguardian.com

*1:状況、情景や俳優の動きを指示する文章。「夕日に染まる海辺に、大きな犬を連れた男が歩いてくる」のようなもの。

続きを読む

It was not until ~ that S+V, 知覚動詞+O+過去分詞(「フランスはベーコンなり」という謎の名言)

今回の実例は笑い話。

笑い話だから、何が笑えるのか、前提を共有するところから始めなければならない。

「フランシス・ベーコン」という人名は、高校の世界史で習っていると思う。16~17世紀のイギリス(イングランド)の哲学者で、イギリスの「経験論」、「帰納法」といえばこの人、という歴史上の偉人である。

ja.wikipedia.org

 

随筆集 (中公クラシックス)

随筆集 (中公クラシックス)

 
ノヴム・オルガヌム―新機関 (岩波文庫 青 617-2)

ノヴム・オルガヌム―新機関 (岩波文庫 青 617-2)

 

 

※20世紀に活躍した同姓同名の画家もいるが、世界史の教科書に出てくるのは哲学者のフランシス・ベーコンだ。

フランシス・ベーコン BACON

フランシス・ベーコン BACON

 

哲学者フランシス・ベーコンの言葉として最も有名なものは、「知(知識)は力なり」というものだろう。これはベーコンが書いた言葉そのものではなく、主張を言い表した言葉だそうだが、本人の書いた文章に "Ipsa scientia potestas est” (ラテン語)という一節があり、また別の著作に別の言い方で同様の考えを表した一節があり、その内容を英語で表すと "Knowledge is power" となる。これを日本語にしたのが、教科書にも出てくる「知(知識)は力なり」だ。

ここまでが笑い話の前提である。

 

というところで今回の実例: 

続きを読む

関係代名詞whatを使ったこなれた表現(タイガー・ウッズの見事な復活劇)

今回の実例は、今年のゴルフの「マスターズ」で、タイガー・ウッズ選手が優勝を飾り、見事な復活劇と報じられている記事より。

タイガー・ウッズは黒人の父とタイ人の母を持ち、1990年代、「主に白人のスポーツ」だったゴルフに新風を吹き込んだ。日本でもコーヒーのCMなどで毎日テレビの画面で目にするような存在で、ゴルフなんかまったく縁もなければ関心もないという人でも、タイガー・ウッズの顔と名前が一致しない人はほとんどいなかっただろう。

しかし2009年にスキャンダルと交通事故がきっかけで表舞台から遠ざかり、競技に復帰後も浮き沈みが激しく、ときおりゴシップ記事で名前を見かけるだけになっていた。ブレイクしたときは「若き天才」だった彼も40代。2018年に競技に本格復帰し、順調に活躍を重ねてはいたものの、ゴルフ界には次々と若い選手が登場してきている。果たして……という局面でのマスターズ優勝だった。

記事はこちら: 

www.theguardian.com

続きを読む