Hoarding Examples (英語例文等集積所)

いわゆる「学校英語」が、「生きた英語」の中に現れている実例を、淡々とクリップするよ

becomeの使い方, it was ~ that ... の強調構文(「ピータールーの虐殺」とガーディアン紙)

今回の実例は、ある女性が先祖の偉業について調べて知った事実を説明しているインタビュー記事より。

 

今から200年前、1819年8月16日。英国(イングランド)の都市マンチェスターの中心部にあるセント・ピーターズ・フィールドで、選挙権の拡大を求める選挙法改正要求の大規模な政治集会が開かれているところに軍が突入した。非武装の民間人の間に死者18人、負傷者数百人を出したこの事件は「ピータールーの虐殺」と呼ばれ、元々ラディカリズム(急進主義)の流れがあったマンチェスターに、『マンチェスター・ガーディアン』というラディカルな新聞を誕生させた。

とはいえこの事件、ほんの十数年前までは「知る人ぞ知る」という存在で、ほぼ忘れ去られていた。現場にはイングランドで歴史的な場所に掲げられることになっている青い銘板(ブルー・プラーク)があったものの、そこに書かれていたのは「6万人規模の政治集会でハントという人が演説し、軍隊が強制排除した」ということだけで、死傷者が出たことはこれだけではわからなかった。それを変えさせたのが事件について知っている人たちの市に対する働きかけで、2007年に新たに死傷者数を明示し、広場にいたのが女性や子供を含む平和的な(非武装の)人々であったこと、軍隊はその人々を攻撃したということをはっきり記した赤い銘板が新たに掲げられることとなった。

マンチェスターのエリア*1出身の映画監督、マイク・リーが、自分の地元で200年前に起きたこの民衆に対する武力弾圧事件を映画化しており、それが現在日本でも『ピータールー マンチェスターの悲劇』としてロードショー公開中だが*2、リーはこの映画公開時のインタビューで「地元の人間だが私はこの事件について知らなかったし、うちの父は社会主義者だったがこの事件については何も言っていなかった」と語っていた(この記事ジャーヴィス・コッカーの質問に対するリーの答えを参照)。そのくらい、知られていない事件だったわけだ。

見る人が無意識のうちにでも現代のいろいろなものを重ね合わせずにはいられない映画予告編*3

www.youtube.com

 

今年、2019年の8月は事件から200年ということで、ガーディアン紙(マンチェスター・ガーディアン紙が1959年に改名)がたくさんの記事を出していた。下記のカテゴリーで読める。

https://www.theguardian.com/uk-news/peterloo-massacre

 

今回の実例はそれらの記事のひとつから。記事はこちら: 

www.theguardian.com

スー・ステネットさんの5代前(っていうことだよね)のご先祖はジョン・エドワード・テイラーマンチェスターのビジネスマンで、「ピータールーの虐殺」事件で弾圧された選挙法改正運動の声をまとめて発信していた「マンチェスター・オブザーヴァー」紙*4が警察によって閉鎖されたあと、「マンチェスター・ガーディアン」を創刊し、初代編集長となった。ウィキペディアによると、テイラーは選挙法改正運動の活動家のやっていることには批判的だったが、「マンチェスター・オブザーヴァー」の閉鎖という事態に直面し、テイラーらの実業家団体は危機感を覚え、事件から約2年後の1821年5月、「マンチェスター・ガーディアン」を創刊したという。

記事はそのステネットさんとの質疑応答の形式でまとめられている。個人が自分が調べた過去の事実についてまとめて述べ、自分の見解・意見を語る、という形の文章として、よい見本となっていると思う。英語の表現・文法だけでなく論理展開や話の流れの作り方など、英語を使う人にとって参考になる部分がてんこ盛りだ。ぜひご一読いただきたい。

*1:正確にはソルフォード (Salford)。ここはかつてはマンチェスターとは別の独立した町だったが、70年代の市町村合併的なことを経て、グレーター・マンチェスターという都市の一部となった。 https://en.wikipedia.org/wiki/City_of_Salford を参照

*2:劇場一覧は: https://gaga.ne.jp/peterloo/theater/ 8月9日から公開が始まっているのは東京・横浜・名古屋・大阪・京都・神戸・福岡でそれぞれ映画館は1館だけ。全国の他の都市では9月以降の公開が予定されている。

*3:ただしナレーションの「英国史上最も残忍な事件」っていうのは、「え?」って感じだけど……アイルランドとかインドとかケニアとかマレー半島とかカリブ海とかでどんだけの残忍な流血事件が英国・イングランドによって起こされたことか。

*4:現代の「ガーディアン」紙の日曜版が「オブザーヴァー」紙である。

続きを読む

長い文、頭のなかでの「英文和訳」のすすめ(ロンドン、超富裕層の警備事情)

今回も前回と同じ記事から、だらだらとしてやたらと長い文を読んでみよう。

記事はこちら: 

www.theguardian.com

続きを読む

so ~ that ... 構文, 等位接続詞and (ロンドン、富裕層を悩ませる防犯・警備)

今回の実例は、知られざるロンドン富裕層事情を報じる記事から。

今年7月、ロンドンから衝撃的な映像がTwitterのサッカー系アカウントなどを通じて流れてきた。英国では至る所に設置されている防犯カメラ(現地では closed-circuit TV, 略してCCTVという)の映像で、黒くてごっつい車がヘルメットをかぶった男たちに襲われていて、がたいの良い短パンの男が華麗なステップをふんで襲撃者を退散させている現場が撮影されている。

www.youtube.com

襲われている車はアーセナルに所属するフットボーラー、メスト・エジルのもので(先に乗り込んでドアを閉めている赤いシャツの人物がエジル)、暴漢を追い払っているのは同じくアーセナルセアド・コラシナツ。2人ともドイツ出身でイスラム教徒の移民の家庭の出身という共通点を持ち(エジルはトルコ系、コラシナツはボスニア系)、ロンドンでも仲良くしているようだ。この日、彼らはそれぞれのパートナーと連れ立って食事に出かけようとしたところを、賊に襲われたらしい。

コラシナツは「ボスニアのハルク」とか「バルカンの戦車」とあだ名される屈強なディフェンダーだが、それにしたってめっちゃ長い刃物(柳刃包丁より長いように見える)を持った暴漢に素手で立ち向かうのはすごすぎる。このビデオがネットで回覧されたとき、それに添えられていた言葉は、「ヒーロー」的な賞賛の言葉(アーセナルのファンばかりでなく、ビデオを見て回覧する人はみなそう感嘆していた)。

このあとしばらくして、27歳の男2人がエジルの家のところで警備員と何かあったとかいう容疑で逮捕・起訴されたのだが、この逮捕と、7月の車襲撃とは直接関係しているような感じではない。詳細が報道されていない(明らかにされていない)のだが、むしろ、7月の襲撃で注目を浴び、メディアのカメラが陣取るなどしていることでエジルの豪邸が狙われるようになったのだろうとGoal.comでアーセナルを担当している記者は述べている

この27歳の男2人が逮捕されたのが8日の木曜日で、その週の土曜日にアウェイで行われたプレミアリーグの開幕戦(対ニューカッスル)にはエジルとコラシナツは帯同しなかった。短い期間に複数回標的にされており、家族をロンドンに残してニューカッスルまで行けるような状態ではなかったという。このときのアーセナルステートメント(ツイート内の画像をクリック/タップで全文読めます): 

 

というわけで、ひょんなことからロンドン北部の富裕層が多く暮らすお屋敷街が広く関心を集めることになっているというのが現状である。

ロンドン北部には、道路から建物(家)がやけに遠く感じられるようなお屋敷街があり、そこにはエジルらのような高給取りのスポーツ選手だけでなく、芸能人や財界人などを含め、お金持ちが多く暮らしている。私も人の車でそのエリアを通ったときに、「ここはミュージシャンの〇〇さんの家」、「あそこは映画スターの〇〇さんが前に住んでた」などと教えてもらったことがあるが、自分がいたエリアと比べて、同じロンドンとは思えないようなハイソな街並みだった。そのお屋敷街の近辺は高級住宅街で、街路樹に彩られた通りに沿って並ぶ手入れの行き届いた前庭のある家々には、例外なくセコム的なセキュリティ・アラームが設置されていたが、建物から道路の距離はそんなになく、格の違いというのはこういうふうに表現されるのかななどと思ったものだ。

閑話休題。記事はこちら: 

www.theguardian.com

続きを読む

完了分詞構文 【再掲】

このエントリは、今年3月にアップしたものの再掲である。ここで取り上げている文法項目は、90年代に「学校英語は役に立たない」と主張する人々が「実際にはまず使われないような文学的表現」「排斥すべき学校英語」としてやり玉にあげた項目だが、実際には新聞記事でもミュージシャンのギター奏法レクチャービデオでも普通に使われている。

-------------------------------------------------------------------

今回の実例も、米アカデミー賞ラミ・マレックが最優秀主演男優賞を取ったときの記事から。演技派というか変幻自在でスクリーンでは原形を留めない風貌になることでおなじみのクリスチャン・ベイルや、同賞初のノミネートとなったベテラン俳優ウィレム・デフォーなど、「誰が取ってもおかしくない」的な面々の中で本命視されていたのは、アカデミー賞の前哨戦と位置づけられる映画賞を制していたマレックだった……ということを前提としてお読みいただきたい。

www.theguardian.com

続きを読む

前置詞+動名詞、to不定詞の形容詞的用法、文修飾の副詞、コロンやセミコロンの用法 【再掲】

このエントリは、3月初めにアップしたものの再掲である。学校ではほぼ習わないかもしれないが、実際に英語で文章を書くときになると知っておいたほうがいいコロンやセミコロンについて確認できるよい実例なので、確認の意味でもお読みいただければと思う。

---------------------------------------------------------------------------

今回の実例は、アメリカのアカデミー賞ラミ・マレックが主演男優賞を獲得したことについての記事から。

マレックはアメリカ生まれのアメリカ人だが、両親はエジプト人だから「エジプト系アメリカ人」、もっと言えば「アラブ系アメリカ人」である。ちなみに宗教的なバックグラウンドはキリスト教コプト教)なので、「イスラムアメリカ人」ではない。

www.theguardian.com

続きを読む

more than ~, A is to B what C is to D(コバルトという金属)

今回も前回と同じ、金属のコバルトについての「報道特集」的な記事から。

コバルトがどういう物質であるか(どういうふうに貴重な物質であるか)について、概略は前回書いているので、そちらをご参照のほど。

記事はこちら: 

www.bbc.com

続きを読む

-ing形で始まる文の構造の取り方、動名詞句、関係代名詞(コバルトという金属)

今回の実例は、金属のコバルトについての「報道特集」的な記事から。

コバルトは、古くから青の色の顔料として使われてきたが、現代の技術に欠かせないハイテク素材を作るために必須の原材料となったのは20世紀のことである。

コバルトがどう使われているか、ウィキペディアを参照しておこう。

単体金属としてのコバルトの利用はほとんどないが、合金材料として重要であり工業的に利用される。……

ニッケル・クロム・モリブデンタングステン、あるいはタンタルやニオブを添加したコバルト合金は高温でも磨耗しにくく、腐食にも強いため、ガスタービンジェットエンジンといった、高温で高い負荷が生ずる装置などに用いられているほか、溶鉱炉石油化学コンビナートなどでも充分に役割を果たす。

そのほか、鉄よりも錆びづらく酸やアルカリに侵食されにくい性質を利用して、コバルト含有率を大幅に高めたコバルト合金は、鋏などの高級素材として利用されている

……

コバルト酸リチウムは、リチウムイオン二次電池の正極材として用いられ、携帯電話など小型デジタル機器の急速な普及により需要が増大している。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%90%E3%83%AB%E3%83%88

こういったことを予備知識として頭に入れておくと、今回見る記事はぐっと読みやすくなるだろう。

記事はこちら: 

www.bbc.com

続きを読む