Hoarding Examples (英語例文等集積所)

いわゆる「学校英語」が、「生きた英語」の中に現れている実例を、淡々とクリップするよ

仮定法過去完了におけるifの省略と倒置(エメット・ティルが生きていたら)

↑↑↑ここ↑↑↑に表示されているハッシュタグ状の項目(カテゴリー名)をクリック/タップすると、その文法項目についての過去記事が一覧できます。

今回の実例はTwitterから。 

ジョー・バイデンの圧勝に終わった(が敗北した現職がなかなか負けを認めないのでめちゃくちゃな事態になっている)米大統領選の投票日を間近に控えた10月の終わり、米国各地から武装した「ミリシア (militia)」と呼ばれる集団が街をうろついて威嚇しているという話が聞こえてきていたころ、大統領選の開票結果がわかったあとの現在ではトランプを完全に見放している「保守系タブロイドニューヨーク・ポストがバイデンの息子についてのガセネタ(というか狭義でのデマ、つまり政治的目的のある嘘)を掲載したことが依然話題になっていて*1そのガセネタがいかにデタラメな出自であるかが明らかにされるなどしていたころに、一杯の冷たい水のようなツイートが私の見ている画面の中に流れてきた。こちら:

書き出しの "Had he not been murdered" は、《仮定法過去完了》 のif節のifが省略されて、《倒置》が起きた形である。日本ではこの形については*2「日本では受験英語として教えられるがネーティブは使わない」という間違った思い込みが蔓延し(そもそも「ネーティブ」とは誰なのかという問題もあるのだが)、それが「英文法不要論」の根拠になったりもしてきたのだが、実際には英語圏では普通に使われている形である。なんだかんだとちょこまかニュースなどを読んでいれば、週に1度は遭遇すると思う。当ブログでも何度か取り上げている

省略された形を、省略しない形と並べてみよう。

  Had he not been murdered

  = If he had not been murdered 

節の先頭の "If" が省略されたことで、主語の "he" と助動詞の "had” の位置が逆転し(つまり、倒置が発生し)、"he had not been" が "had he not been" という形になったわけだ。

この部分の意味は「もしも彼が殺害されていなかったら」。

ここまでの5語を読んで、この "he" とは過去において殺害されてしまった人物だということは瞬時にわかる。ではその "he" とは誰のことか、というのが、この節に続く主節の主語となっている。

Emmett Till would have been only a few years older than both our presidential candidates this year. 

エメット・ティル。#BlackLivesMatter運動(これについても日本語圏では本当にデマと不正確な情報が多くて、実際のことが伝わっていない。英語で情報を入れない人々と英語に接している人々との情報ギャップがひどい。日本語圏で信じられているBLMは、ハリウッド映画の中の類型的な日本くらい現実離れしていると言っても過言ではなかろう)の文脈で名前が出てくるのをときどき見る。例えばこのオハイオ州デイトンでのプラカード(2019年5月)とか、今年6月に撮影されたワシントンDC、キャピトル・ヒルでのプラカードとか(→一部拡大写真を下記に)。

f:id:nofrills:20201123120407j:plain

https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Signs_from_inside_CHAZ.jpg を一部拡大。

Photo by Mayopotato, CC BY-SA 4.0

 "Say their names" 「この人たちの名を口にせよ」という標語の下に、今年のテニス全米オープン大坂なおみ選手がマスクにつけていた数々の名前や、大坂さんが着けられなかった名前が並ぶ中に、Emmett Tillとある。下から2行目の左端だ。エメット・ティルもまた、アメリカでのレイシズムの暴力で殺された、つまり「matterしない命」として扱われた黒人のひとりである。ただし、最近殺された人ではない。

エメット・ティルは1941年7月生まれ。今回実例として見ているゼイネップ・テュフェクチさん(トルコ出身で米国のプログラマーで社会学者)のツイートにある通り、大統領選の主要候補者2人よりほんの少しだけ年上だ(選挙で負けた現職のドナルド・トランプが1946年生まれで、次期大統領となったジョー・バイデンが1942年生まれ)。エメット・ティルは、今も生きていれば、あのくらいの年齢のおじいちゃんになっていたわけだ。それが "The past isn't that far past." の意味。「過去は、そんなに遠い過去ではない」。昔の話でしょと思っているかもしれないが、そんなに昔のことではない、ということだ。

エメット・ティルが人種主義に基づいた暴力で殺されたのは1955年で、彼はまだ14歳だった。でも、大坂なおみさんがつけていたマスクに名前があった12歳のタミル(タミア)・ライスと同様に、10代とは思えない大人びた体格をしていた。ぱっと見、見た目は大人だったのだ。

北部のシカゴに生まれ育った彼は、人種による差別待遇(分離、隔離)をしないことが違法だった南部のミシシッピー州の親戚の家に遊びに行って、現地のやり方にそぐわない行動をとったとしてリンチされて惨殺され、川に捨てられた。

その「現地のやり方にそぐわない行動」というのは、黒人の男が白人の女にいわばちょっかいを出すような行為だが、それは当時最大のタブーだった。そのあたりはアメリカの黒人差別についての研究書などを読んでいただきたい。

エメット・ティル少年は、現地の仲間たちと一緒に訪れた食料品店で、店番をしていた女性(店主の妻)に向かって口笛を吹いた、というのが、加害者側の言い分だ。本当に少年がそんなことをしたのかどうかははっきりしていない。だが「生意気な黒人」を締め上げるのが正義と考えている側にとってはそんなことはどうでもいい。そう思われるようなことをした、それだけで十分な理由になった。だから少年はリンチされて頭を半分吹き飛ばされて川に捨てられた。

彼がそんな目にあわされておらず、その後も健康で、戦争に取られて死んだり事故にあったりしていなければ、2020年には79歳になっていた。

 

と、ここまで書いて、あとは「エメット・ティル殺害事件について書かれている本は多くあるし、まずはウェブ検索で調べてみてほしい」と書いて約3000字で締めようと思っていたのだが、自分でウェブ検索して出てきたウィキペディア日本語版に例によってかなりひどい誤訳を見つけたので、またそこで時間を吸い取られることとなった。以下、連ツイをはりつけておく。

タイポ: ×仕事としての翻訳 → 〇仕事としての翻訳は

 

参考書:  

英文法解説

英文法解説

 

 

 

 

 

*1:あの説が完全なでっち上げでデマだということは確定しています

*2:この形についてだけの話ではないので、正確には「この形についても」。でも「も」を使うと読みにくくなるのでここでは「は」を使っておく。