Hoarding Examples (英語例文等集積所)

いわゆる「学校英語」が、「生きた英語」の中に現れている実例を、淡々とクリップするよ

トレイヴォン の検索結果:

remember+動名詞, 等位接続詞but, 代名詞one, 関係代名詞, 感覚(知覚)動詞+O+現在分詞, など(大坂なおみさんがマスクに込めた思い)

…も何度か言及しているトレイヴォン・マーティンさんの名前をつけていた。トレイヴォンは黒人の少年で、2012年2月下旬のある晩、フロリダ州でコンビニにお菓子を買いに行った帰りに、武装した男に撃ち殺された。17歳だった。事件当時だったか裁判が始まってからだったか、トレイヴォンが撃たれたのは「パーカーのフードをかぶっていて怪しかったから」といったことが言われ、「黒人男性がパーカーのフードをかぶること」がこのような暴力への抗議のシンボルのようになっていた。トレイヴォンを撃ち殺した男は、…

not only A but also Bのちょっと変わった形, 先行詞を含む関係代名詞, in terms of ~, 形式主語の構文("Rest in power" というフレーズはどう広まったのか)

…びだと解釈している。トレイヴォン・マーティン殺害事件以降の経緯を見ていた人ならお分かりいただけるのではないかと思う)の中で、警察(や自警団)の、過剰な力の行使 (the use of excessive force) によって*1いとも簡単に殺されてしまった―—というより、撃たれて倒れて、そのまま放置され、誰も近づくなと警察に言われるなどしたために誰も助けに行けず、そのまま失血死、つまり見殺しにされるというケースさえある。倒れて動けない相手を身柄拘束することには何の問題もない…

関係代名詞、so that S can ~(ブリストルと奴隷貿易商人)

…校生が撃ち殺された(トレイヴォン・マーティンさん射殺事件)事件の裁判で、被告人に無罪判決が出たあとで始まり、その後も何度も何度も繰り返されてきた「白人の警官などによる黒人殺害」(より深くいえばそれはinstitutional[systemic] racismである)に抗議の声を上げ続けてきた #BlackLivesMatter が、2020年のジョージ・フロイドさん殺害事件で、ついにアメリカ合衆国という領域を超えてグローバル化し、拡散した先々で人々は、米国で根拠もなくただ撃ち…